立地で検討

都会の景色

大阪府大東市は、すぐ隣に寝屋川市や四条畷市があり、外環を越えると奈良県との県境になる生駒山があります。
生駒山をのぼっていく阪奈道路には週末になると周辺の車好きがあつまってツーリングをおこなったりする事でも有名な地域になります。
そんな大東市にある深北緑地と呼ばれるとても大きな公園がありますが、同公園は周辺地域に住む住人の人々にとっては、災害時には避難する場所でありまた、水害が発生した場合には治水機能を有する公園として、更には日頃は様々な遊びを行うことができる子供達にとっても憩いの公園になっています。
同公園では様々な遊びを行うことができますが、例えば スケートボードを行う為の練習場が設置されていたり、たくさんのアスレチックが設置されていたりと本格的なつくりの公園になっています。

大阪府大東市は北河内地域になり、平安時代から大阪と奈良を結ぶ交通の要として栄えてきました。
また、幾多の戦乱の舞台ともなり江戸時代におこなわれた新田・治水開発をへて商都である大阪の重要な後背地となってきたのです。
大阪府東部に位置する大東市の地名の由来というのは、光は東方よりという古代ローマのことわざに託して大阪の衛星都市として展望を期待されたからになります。
古代にはたくさんの古墳が造営され、戦乱の世になると東高野街道が戦略上重要になり沢山の戦いが行われました。
近世になると、稲作や菜種等の生産量で天下の台所 と称された大坂を支える地位を確立したのです。
現代では、周辺の都市と協力しあって福祉や教育施設に力を入れていて、積極的なまちづくりをおこなっています。